So-net無料ブログ作成

青い傘  [朗読]

こえ部で朗読していただきました。




わたしはずっと電話がかかってくるのを待っていた。
雨が降り続く中、雨宿りもせず公園のベンチに座っていたのでもうずぶぬれになっていた。
ポケットに入れた携帯が壊れても知らないからね。
この携帯、防水じゃないんだから。
こっちからかけなくても、傘があるかどうか心配して電話をかけて来ないあんたが悪いんだからね。

雨が急に止んだ。
同時にあたりが青くなった。
青い傘をさしかける彼の笑顔があった。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 4

タッチおじさん

同じ言葉でも感情の込め方で随分変わるのですね!
此れだけで幾つものストーリが生まれそうです。

by タッチおじさん (2013-03-26 18:32) 

海野久実

タッチおじさんさん。
コメントありがとうございます。
お返事がめちゃくちゃ遅くなってしまいました。
長い間、このブログもほったらかしでしたね。
たまには利用しないと埃をかぶってしまいそう。

「こえ部」の方もたまーに投稿する程度になっちゃいました。
読む人によって思い浮かべる映像が、がらりと違うのが興味深いですよね。

by 海野久実 (2013-09-16 00:45) 

さきしなのてるりん

ふーん、こういう風に変わるんだ。わたしだったらどんなふうに読むだろうって思いながら聞いた。で。これはツイッター小説っていうんですね?
by さきしなのてるりん (2013-10-19 19:25) 

海野久実

ツイッター小説を元にして、140文字では書き足りない所を書き足したものですね。
僕はそう言うのを『ツイッター小説プラス』と呼んでいます。
by 海野久実 (2013-10-19 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。